ウエストダイエットとは

ウエストダイエット

ウエストダイエットというのが流行っているようです。
美しいウエストラインを運動を続けることで作っていくダイエット方法fが、このウエストダイエットの特徴です。
腰回しダイエットともいわれているのが、ウエストダイエットです。
ダイエットの効果を得るために、腰を左右にゆっくりと回しながら骨盤の位置を正しくするというものです。
普段から骨盤が歪んでいるとさまざまな負担が身体にかかってきます。
正しい位置に骨盤がおさまることによって基礎代謝が上がるのは、それにより内臓が活動的になるからです。
骨盤を矯正することによりダイエット効果を得るという考え方や方法は以前からあるにはありました。
近年、世間に知られるようになったのがエクササイズの方法とこの考え方なのです。
産後のエクササイズやストレッチ、整体のエッセンスもウエストダイエットには取り入れられています。
出産が原因となって、骨盤が歪んだり広がったりしてしまう人がたくさんいるといいます。
産後は育児などで忙しいこともあり、元に戻すような余裕もなくそのままになっている人も多いようで、産褥期に元通りにできれば良いのですがなかなかそうもいかないようです。
ウエストダイエットがおすすめなのは、ダイエット方法の中でも簡単に特に何かを用意することもなく気軽にできるという点です。

ウエストダイエットの目標

ウエストダイエット

ウエストダイエットの目標についてです。
単にっ体重を少なくすることだけがダイエットの目標だという方は少ないのではないでしょうか。
自分の憧れのスタイルになりたい、スリムになっておしゃれを楽しみたい、健康を手に入れたいなどの目的があるに違いありません。
どんな人でもダイエットを成し遂げた後にやりたいことは、人によって違うとはいえあるのはないでしょうか。
ダイエットをする人の中には、理想のウエストラインを手に入れたいという人もたくさんいるそうです。
とくにウエストが締まった女性は、もっと美しくいろいろな洋服を着ることも可能になります。
では、ダイエットによってウエストを引きしめたい場合、どのくらいを目標にすべきでしょう。
ウエストサイズの理想的な数値としてワコールの人間科学研究所が提示したのは、身長かける0.38というものです。
身長が158pの女性の場合には、ウエストが65pで良いということです。
ウエストとヒップの比率が7対10ぐらいのスタイルが男性が女性に望むサイズだそうです。
痩せている方が健康で、男の人には痩せた女性のほうがモテるという考えからダイエットを頑張っている若い女性も最近は多いといいます。
女性のウエストサイズで男子が理想的だと思っているものは、女性が思い込んでいるほど細くはないという数値も出ています。
細過ぎる数値を目標にしてウエストダイエットを無理して行うことのないようにしましょう。

ウエストダイエットのストレッチ

ウエストダイエットには幾つかの方法がありますが、中でもストレッチはよく知られています。
効果的にウエストダイエットをするためには、筋肉をほぐしたり伸ばしたりすることを心がけながらストレッチをすることが重要です。
体をきちんと曲げ伸ばしすることを毎日続ければ、お腹周りの脂肪を伸ばし、代謝を促進することが可能です。
呼吸の仕方も、ウエストダイエットの効果を上げるための大切なポイントになります。
呼吸は深くしてストレッチ運動をするのがおすすめです。
頻繁にストレッチは運動前の準備運動や整理体操の際にすることがありますが、このストレッチだけでもエネルギーを使い、代謝アップにも効果的だといわれています。
ストレッチでウエストダイエットに有効だとされているものは多種多様です。
美容のプロである米村亜希子さんのダイエットストレッチは、体育座りをして行うとてもシンプルなものです。
姿勢は体育座りのままで左足を組み、左肘を左膝にくっつけましょう。
姿勢を5分間キープし、左右逆でまた同じように5分キープします。
ストレッチは1日10分程度でできる単純なものですが、ウエストのサイズが1週間で3p程度減るそうです。
右足を左足をクロスさせるように椅子に座ったままでするストレッチもおすすめです。
簡単なストレッチには、両手を首の後ろで組んでゆっくりと左右に上半身をひねるというのもおすすめです。
簡単なストレッチをどんどんウエストダイエットに利用しましょう。

腹筋によるウエストダイエット

ウエストのダイエットに、腹筋を行うという方法があります。
運動の中でも腹筋は、脇腹、下腹、お腹の筋力をつけることで、ウエストの引き締めをすることができるようです。
どんな人でも気軽に行うことができる腹筋運動は、とくに知識や技術はいらないものです。
案外多くの人がダイエットのために腹筋運動を取り入れているようですが、その結果としてウエストのサイズダウンはできているでしょうか。
仰向けになった姿勢で足首を固定したまま上体起こし運動を腹筋運動としてする人がたくさんいるようです。
普通の腹筋のやり方だとお腹の筋肉をつける方法としては効率が良くないばかりか、腰に負担がかかる場合があるようです。
腹筋によって効果的なダイエットをするには、仰向けで膝を三角に曲げ、腰を床に密着させる姿勢を取ることです。
この腹筋運動の場合には、背中を半分ほど床から持ち上げる動きを息を吐きながらするようです。
単純にまっすぐ持ち上げるだけではなく、上半身を丸めるような感じでゆっくり行うものや、上半身をねじるような感じで行うものもあります。
運動のやり方によってさまざまなのが鍛える筋肉です。
ゆっくりと丁寧に動作を行いながら、筋肉がどう動くか意識することが、ウエストダイエットの効果をアップさせる腹筋運動のポイントです。
ウエストダイエットを達成するために大事なことは、続けることです。
すぐに運動をやめてしまわないでコツコツとやり続けることが成功のカギとなるでしょう。

ウェストのシェイプアップについて

ウエストをシェイプアップさせたいという時は、骨盤の歪みを矯正する運動がいいと言われています。
この方法は、特別な道具も、決められた場所に行く必要もありません。
寝る前や、食事前のちょっとした時間さえあれば、実行できる簡単な体操です。
基本的には、骨盤を使った運動を、一日三回行います。
一回の運動は10分程度で終了し、ウエストのシェイプアップに有効です。
骨盤がずれるのは、子供を産んだ時や、よくない姿勢でずっといた時です。
骨盤の歪みは、何も特別なことをしたから歪むわけではなく、日常生活をしているうちに、だんだんと歪んでしまうことがほとんどなのです。
骨盤が歪んだ事で、開いてしまった骨盤の位置を修正することで、ウェストのシェイプアップを実現します。
ウェストの筋肉のほとんどは、骨盤に付着しています。
ウエストのシェイプアップに骨盤の歪みが重視されるのは、それだけ骨盤が体にとって大事な部分であるからだといえるでしょう。
骨盤は人間の土台といわれることもあり、下半身の筋力も骨盤が大きく関わっています。
内臓の場所を決めているのも骨盤なので、骨盤がずれると内臓に影響が出ます。
骨盤でしっかりと内臓を支え切れていないと、内臓下垂といって、内臓が骨盤まで落っこちてしまいます。
内臓が降りすぎると働き方に影響しますので、脂肪をエネルギーに変える力が弱くなったり、体温が低い体になったりします。
そのため、ウェスト部分、特におなかの部分がぽこっとしてしまい、全体的に膨張して見えてしまうのです。
ウェストのシェイプアップには、骨盤体操が良いといわれる理由はここにあるのです。

ウエストのシェイプアップをする方法

シェイプアップをしてウエストを引き締めたいという人が多いですが、どうすれば達成することができるでしょう。
ダイエットで食事制限をしても、ウエストが細くなりません。
全体的なサイズは小さくなりますが、ウエストのたるみや、脂肪が残ったままになります。
体重は減ったけれど、お腹は大きいままという人もいるといいます。
下腹を引き締め、腰まわりを細くするための方法を、ウエストのシェイプアップではすることが大事になります。
ウエストのシェイプアップには、食事を減らし、カロリー制限を行うだけではできない部分があるということを、まずは知っておくことが大事です。
腹筋運動をただ行っていても効果が出にくく、食事を工夫してもなかなかウエストのシェイプアップをすることができないことがよくあります。
腹筋に関しては、腹筋ではなく、実は背中の筋肉を使って起き上がっていることが多く、腹筋部分の筋肉があまり使われていないためです。
確実に腹筋を鍛えることができる運動をすることが、ウエストのシェイプアップのために運動をしたいという人にはおすすめです。
また、内臓が下に落ちてくると、大腸を圧迫して便秘になりやすいといいます。
ウエストのシェイプアップが思うようにいかないのは、内臓がウエストの中に詰まっているからといえます。
脂肪がつきやすい場所とは、代謝が滞っている場所です。
内臓周りは内面温度が低く、新陳代謝が発生しづらい場所です。
そのために、ウエストの脂肪を燃やすことは簡単ではありません。
ウエストのシェイプアップのためには、内臓の働きを高めるエクササイズをすることが大切なのです。
ウエストのシェイプアップができるエクササイズを、毎日続けることをおすすめします。

簡単にできるウエストのシェイプアップ

細く締まったウエストになりたくてダイエットに取り組み、シェイプアップを目指しているという人もいるようです。
いったいどのようなことをすれば、ウエストのシェイプアップができるのでしょうか。
ウエスト周りを細くする筋肉は、腹横筋というものです。
ウエストのシェイプアップをしたいという人は、腹横筋を使う運動を重点的に行いましょう。
一般的に腹筋というと腹直筋のことであり、これは腹横筋とは異なる筋肉です。
腹横筋は、わき腹からお腹にかけて存在している筋肉のことで、筋肉のコルセットともいいます。
とても奥の方にある筋肉なので、あまり意識しないと効果的に働かなくなります。
コルセット巻くとウエストは細くなりますが、細く見えるだけで根本的にウエストのシェイプアップができるわけではありません。
腹横筋は、コルセットのようにお腹を包み込んでいる筋肉なので、体の周囲から中央に向けて、内臓をキープしている筋肉です。
腹横筋が、常生活において働くのは思いっきり笑ったときです。
普段はあまり意識することのない筋肉です。
天然のコルセットと呼ばれる腹横筋があまり使われないと、締め付けが軽くなります。
日々運動をしていも、肝心の腹横筋を使わないような運動ばかりをしていたら、ウエストのシェイプアップ効果は期待したほどはきっと出せないでしょう。
ウエストのシェイプアップのためには、腹横筋を鍛えるために横になって、お腹に力を入れるという方法がおすすめです。
地味に見えますが、かなりウエストのシェイプアップに効果的なのでぜひやってみましょう。

ウォーキングでウエストシェイプアップをする


サイトメニュー