下腹をダイエットをする時は

下腹部 ウエストダイエット

ダイエットで一番痩せたいのは下腹という人は少なくないでしょう。
そう思っている中年の人は案外多いようです。
昔はさほど下腹が出ていなかったけれど、年をとるに従って徐々にお腹が出てきて、気づけばメタボが気になるほど下腹が出ている人もいます。
さほど体重は変動がないのに、下腹のサイズは確実に増えているということもあるといいます。
どうして年を取ると、下腹が大きくなるのでしょう。
下腹が大きくなる理由は色々ありますが、筋肉量が減ることが主となる理由です。
普段から運動を中心としたダイエットをして、体を鍛えている人の場合は下腹が出てくることはそうありません。
じっとしていてもエネルギーを消費する作用が筋肉にはあるので、筋肉量の多い若い時は問題ありません。
加齢と共に、段々と日常の運動機会は少なくなります。
その結果、四十代に指し掛かるころには代謝も低下するのです。
代謝は低下しているのに、若い頃と同様に高カロリーの食事ばかりしていると余剰カロリーが体脂肪になって、下腹で出てくる理由になります。
若い頃ははけていたズボンがきつきつになってきたならば、脂肪を減らすためのダイエットが必要です。
下腹を引き締める効果があるというダイエットは様々なものがありますが、手頃な下腹ダイエットの方法としては腹筋運動がよく知られています。

下腹に効くダイエットの方法

下腹部 ウエストダイエット

ダイエットをはじめた理由の1つに下腹のたるみがよく挙げられています。
下腹が出てきたように感じるのは、特に40代の女性にその傾向があります。
幾つかのダイエットをして下腹をへこませようとする人もいます。
体重の変動はほとんどないのに、ウエストサイズだけが大きくなっていくという人もいます。
カロリーの多い食事をした覚えはなく、ダイエットを意識して減らしてすらいるのに、下腹サイズが変わらないということもあります。
中年になってから下腹がたるんでくるのは、筋肉量が減っているためです。
腹筋は体の中でも減っていくスピードが早い筋肉であるため、40代に入ったころには下腹が出やすい体質になります。
女性は男性よりも筋肉が少ないので、よけいに下腹が出てしまいがちです。
下腹が出る原因は、男性は主に運動不足だといいます。
下腹を引っこめる効果があるというダイエット方法は、腹筋を使うものです。
まずは、腹筋運動を毎日30回ずつ、何度かに分けてやる習慣をつけるといいでしょう。
体が慣れてきたらだんだんと回数を多くして、他の運動もプラスします。
下腹ダイエットのために腹筋をするという方法のいいところは、専門的な器具などを必要とせず、いつでも開始できるところです。

便秘を解消して下腹ダイエット

下腹が気になるのでダイエットにチャレンジしたい場合は、まず腹筋を鍛えることから始めてみましょう。
運動によって筋肉を鍛え、脂肪を燃やすことで、下腹を細くできるでしょう。
代謝アップの影響で、徐々に体脂肪も減っていきます。
ただ、腹筋ダイエットだけで体重を劇的に減らすことは困難だといいます。
もしも腹筋をするだけで下腹を小さくしたいのであれば、長期間コツコツと腹筋ダイエットを続けなければならなくなります。
また、便秘体質であることで、下腹が大きくなっていることもあります。
中年以降になると老廃物が排出されずに体内に残りやすく、便秘がちになって下腹の出っぱりになることもあります。
便秘が原因で下腹が出ている場合、腹筋やエクササイズのダイエットでは、効果が出にくいので注意が必要です。
善玉菌や食物繊維を摂取することで、腸の環境を改善し、消化機能を高めて便秘改善をはかります。
便秘が解消されれば、下腹ダイエット効果にも結びつきます。
しかし、ダイエットのために便秘を治したいからと下剤への依存は厳禁です。
下腹が出ている理由が便秘だった場合、便秘改善による下腹のシェイプアップには限界があるでしょう。
よりダイエットを進めたいという場合は、下腹を鍛える腹筋運動を習慣にするといいと言われています。

お腹を引き締めるためのポイント

加齢と共に下腹部の脂肪が増えてきて、何らかの方法で引き締められないかと考えている人がいるようです。
飲み過ぎや食べ過ぎを放っておいて、気が付いたらお腹がぽっこりという人も結構います。
女性の体はそもそも年齢や出産の経験を問わず、女性ホルモンの関係でお腹まわりに脂肪がつきやすくなっています。
道具が様々な作業を肩代わりしてくれて、運動量が減少傾向にあります。
お腹をしっかりと引き締めボディラインを保つために必要なのは、生活習慣の改善です。
体を引き締めるためには、活動量を増やし、体脂肪が無闇に増えないような生活と食事をすることです。
体にいい食事をすることで、自然とカロリーの調節ができます。
お腹周りの筋肉を使うエクササイズや、猫背やそり腰の習慣を改善することによって、おなかを自然と引き締めることができるといいます。
お腹についた脂肪を燃やすためには、息ははずむ程度の運動を持続的に行うことが必要です。
ややきついと感じる程度の運動を行うことで、お腹をしっかりと引き締めることができます。
毎日30分以上歩くのもおすすめです。
お腹周りの脂肪をエネルギーに変えるには、腹膜筋という下腹部奧のインナーマッスルを強化するような運動も効果があります。
本気でお腹の引き締めをしたい場合には、毎日の食事にも要注意です。
砂糖たっぷりのケーキやお菓子、糖質の多いお酒はできるだけ控えるようにしてください。
食習慣を見直すこと、積極的に身体を動かすことがお腹の引き締めに貢献します。

簡単なストレッチ運動でお腹をスリムにできる

簡単にできるストレッチ運動で、下腹部をスリムにすることができると言われています。
年齢とともに、お腹まわりにはお肉がつきやすくなり、気になっている人も多いのではないでしょうか。
日々の活動の中で腹筋を使うことはあまりないため、結果として脂肪が多くなってしまいがちです。
お腹をスリムにするため、簡単に取り組めるストレッチ運動を実践するといいでしょう。
お腹まわりをスリムにするには、簡単なひねる運動がおすすめです。
簡単なストレッチではまず両手を頭の後ろ側で組み、膝をつきます。
膝は肩幅まで広げてください。
下腹部のツイストをイメージしながら、上半身を軽く右側に回転させます。
その状態で右側に体を倒しましょう。
10秒数えたら元に戻します。
ひねった状態まで戻して左の体側を伸ばします。
同じ動きを3回繰り返すだけでとても簡単です。
反対側も同じように行いましょう。
ストレッチの内容は簡単なので、テレビを見ながら、音楽を聞きながら、お湯を待つ間にと色々なチャンスにできます。
何秒間のストレッチをするか、何回の運動をするかは自分に合うものにして、無理をしすぎないようにします。
簡単なストレッチですが、継続することでスリムに引き締まった腰回りを手に入れることができます。
日々の積み重ねでダイエット効果が現れるよう、簡単なストレッチでスリムになりたいものです。

下腹をスリムにするには簡単な体操でも可能

下からを簡単にスリムにするにはどうすればいいでしょう。
ぽっこりと出たお腹をスリムにしたいと思っている人が多いようですが、簡単な体操で下腹をすっきりさせることができるといいます。
下腹は、ジョギングでも、カロリー制限でも、一向にスリムにならないものです。
いくつもの筋肉が人体には存在し、それぞれが複雑に影響し合っています。
色々な動作ができるように、人間の体の筋肉は伸びたり縮んだりを繰り返しています。
反対に筋肉の一部に使えない筋肉があると、余分な脂肪がつきやすくなります。
一日じゅうイスに腰かけて机の上での仕事をしていることも、運動量が足りていないことに加えて下腹の代謝停滞に関わっています。
たまにはイスから立って筋肉をほぐすストレッチを行い、適度に刺激することでスリムな下腹になれるでしょう。
まずは前足の膝が90度より少し大きめの角度になるようにして膝をつきます。
この状態で、上半身が前のめりにならないよう気をつけながら体重を前にかけていき、後ろ足の筋肉をよく伸ばしましょう。
上の方へと意識をしながら両腕を頭上で合わせ、手を伸ばしながら背筋を伸ばします。
次に仰向けになって膝を90度に曲げ、両手で膝を押します。
膝でも両手を押し互いに押し合うようにします。
簡単なストレッチは手順も覚えやすく時間もかかりませんので、ぜひ実践してスリムになりましょう。

サイトメニュー